ゆく年、くる年@マウイ島 | 愛しいカンケイ
<< Happy Holidays on Xmas Islands | main | 初めよければ! >>
ゆく年、くる年@マウイ島

【2011.01.01 Saturday 10:50
 2010年最後の日になりました。

今年のはじめに友達から、
彼女が禅寺で聞いた干支の話を思いだします。

「丑(うし)年は失(うし)なわれる年、
寅(とら)年は捕(とら)える年」
干支にある動物のように一年は過ぎていくものという観念。

丑年に大きなものを失った私は、
この干支の話に真実味を覚えたものです。

とらえる年、

何を、どのように?



「虎が獲物を捕らえるとき、
彼らはすぐに飛びかかりません。
獲物をじっくりと決め、観察し、準備をし、
獲物との距離をじわじわとつめていきます。
最後の瞬間、虎は勇ましく飛びかかり、
獲物を逃がすことはないでしょう」

虎になる年は、私にとって、失ったものを見つめ、知り尽くし、
同時に自分にあるものを感謝することからはじまりました。

そして、自分を試し、挑み、
獲物とのなる存在や観念と向かい合う……。



寅年の終わりに、

私が虎になったか、という問いに、
私は、確かになったと、答えることができます。

虎になった私は、傷もつきましたが、
獲物を得るためのしなやかさも身につきました。

獲物は、丑年の私よりも大きな私、
自分よりも大きな獲物をくわえた虎は、
傷だらけの隆々たる手足をつかい、悠然と歩きはじめます。

卯年に向かって。



獲物をくわえたままなのか、獲物を食べて身にするのか、
兎のように走る術を求めて、あと数時間後にめぐりくる新しい年を、
待っている私です。

空色庵にいらした皆様に、
新しい一年が、愛する人々に囲まれた、
恵みのある年でありますように、
心からお祈り申し上げます。


大掃除の終わりに、お手伝いの応用か?
子虎たちは大騒ぎ!

author : jingujiai
| LOVE our life | comments(0) |

この記事に関するコメント
コメントする










神宮寺 愛
writer & coordinator
(J.U.One Corporation)
'ōlapa(Pā'ū O Hi'iaka)
@ Maui, Hawaii