Moments of Hula O Na Keiki vol.5 | 愛しいカンケイ
<< Moments of Hula O Na Keiki vol.4 | main | Moments of Hula O Na Keiki final >>
Moments of Hula O Na Keiki vol.5

【2009.12.09 Wednesday 05:55

 11月13日 金曜日

大変、晴乃ちゃん、鼻血です!

みなさん、私が殴ったんじゃないですよ〜。

朝、8時半、会場にて面接を済ませた晴乃ちゃん、
いきなり鼻血がでちゃったんです。

そう、鼻血がでるまでがんばったというわけです。

このフラ・コンペティション、実は大会の最終結果は、
書類25%、面接25%、カヒコの演技25%、
アウアナの演技25%で構成されます。

その面接、なんと9人の審査委員に囲まれて二十分、
踊る曲に対する自分のリサーチを発表し、
質疑応答が行われるのです。

いままで、私も三回ほど、この面接に付き添ったのですが、
過去には、泣き出した子もいました。
子どもは審査委員といわれる大人たち9人に囲まれ、
質問攻めにあうなんてこと、ないですからね。
普通じゃない出来事に反応するに決まっています。

今回、晴乃ちゃんの面接は、
審査委員を泣かせるという結果で終わり、大成功。

私たちのハーラウを知る審査委員の一人が、
「彼女はがんばったんだから、あとで叱り飛ばしちゃだめよ」
と笑ったくらいです。

そういうハーラウだと思われているあたりも笑えますが、
鼻血なんか出したら、まるで真実味が増すではないですか。

さておき、鼻血がおさまったあとは、
会場のカアナパリ・ビーチ・ホテルでゆっくり食事。
さっそく準備にとりかかります。


まだまだ準備中です!

晴乃ちゃんのカヒコの衣装は、
上が濃い茶色で、スカートは黄色です。

フラという踊りは、踊り手が曲を踊りで語る、

それにつきます。

口承文化が長く続いたハワイだからこそ、
謡い、踊り、語り継ぐ文化が成熟したといえるのでしょう。

晴乃ちゃんが踊る曲は、
家族に誕生した新しい命、赤ちゃんをイアオ渓谷の水で
洗い清める伝統的な行事を行う家族の喜びの唄です。

脈々と続く家族、家族の結びつき、そして土地との結びつき、
それはハワイの人々にとっても、私たち日本人にとっても
この世に生まれたなかで一番大切にしなくてはいけないこと。

衣装の濃茶色は大地の色。
そして、オレナという植物で染めたスカートの色は
フラの神様であるラカの色、黄色。

そして、レイを焼いたときの灰を混ぜて作った
茶色の染料で模様を描かれています。


ハーラウのお姉さんたちみんなに手伝ってもらって衣装制作!

広がる地面、イアオ渓谷の山々、渓流に映る山並、
川や滝、お母さんと赤ちゃんをつなぐおへその絵柄が
広がるスカートは、クム・フラのカウイの手で、
晴乃ちゃんの腰にしっかりと結びつけられました。

また、レイもつけていきます。


直前までレイを編むメル

パラパライで作られたレイが、まず、足に、そして手に、
首に、頭に、ずっしりとのり、固く結ばれていきます。

ダンサーに、こうしてフラの女神、ラカが宿っていくのです。

「さあ、行こう」

クム・フラのカウイの声が響きました。

その一瞬、私には、なんとなく、
アンティ・ケアラがいるような気がしたのです。

アンティは控え室から出ることのないクム・フラでした。
彼女はミュージシャンとしてステージにあがるとき以外は、
控え室から出ることはなく、いつも私たちの仕度を整えると、
「いってらっしゃい」と部屋でおくりだすのが常でした。

だから、私たちダンサーをステージに連れて行っていたのは、
いつもカウイだったのです。

晴乃ちゃんを連れて、カウイ、ジュンコ・ママ、メルと
ステージへ向かう風景は、前と何も変わりませんでした。

踊り終えて戻る部屋に、アンティがいないこと以外は……。

きっとカウイはしばらくしたら、アンティのように
私たちを「行ってらっしゃい」と送り出すようになるでしょう。
そのときのための準備を、私はしておかなくてはなりません。



Do what you are supposed to do

それに尽きますね。

晴乃ちゃんは、赤ちゃんであるイプヘケを抱きしめて、
ステージに上っていきました。

私がいままでみた彼女の踊りのなかで、
最高の踊りを、私の目の前でみせてくれました。
そんな彼女を、私は心から誇りに思います。


晴乃お姉ちゃんのために学校が終わってまっすぐに駆けつけたアイナ

author : jingujiai
| HULA to live | comments(0) |

この記事に関するコメント
コメントする










神宮寺 愛
writer & coordinator
(J.U.One Corporation)
'ōlapa(Pā'ū O Hi'iaka)
@ Maui, Hawaii